NEWS

2013年3月19日 火曜日

南海トラフ巨大大地震 被害想定

内閣府、中央防災会議の南海トラフ巨大地震対策検討ワーキンググループが18日、南海トラフ巨大地震による被害総額が最悪のケースで東日本大震災の10倍以上にもなる約220兆億に上るとする報告を発表しました。

この金額は実に国家予算の2倍以上です。

全壊する建物も約240万棟の予想でこれは約3年分の新築棟数と同じになります。

ただ今回はあくまでも現状何もしなかった場合の最悪の想定。

今後地震に対する対策をしっかり行っていけば被害は半減するものと想定しています。

今回の発表は言わば地震への対策を促すものですがその中でも建物の耐震化は特に重要事項です。

ただし建築基準法で定められている耐震基準はあくまでも人命を守るための最低限の基準で建物への損傷までは考慮していません。

命あっての物種だとは思いますが、現実的には巨大地震の後にも生活ができなければいけません。

住宅の損傷を減らし、より建物への被害を少なくするために建物の制震化や免震化をお勧め致します。


投稿者 トキワシステム