TOP > 施工方法

施工方法

商品寸法
施工はお取扱いの専門業者さまにお任せください。

  • 配置計画は専門の設計スタッフが行います
    立面図、平面図、断面図で仮の配置とお見積もりをお出しします
  • 建物の重心から遠く一番揺れの大きくなる外周部分を基本に配置を致します
    細かく分散配置ができるためバランスよく建物を守ります

取付箇所

設置本数の目安(延床)

設置個所は総二階建てであれば一階の柱頭部、総三階建ての場合は一、二階の柱頭部が基本の設置場所になります。
2×4工法の場合はダンパー設置場所のスタッドをダブル以上にして頂く必要がございます。

施工手順

① 施工図面による取付位置・指示・注記に対して現場状況を照合し、設置の可否を確認してください。

② 取付位置の柱(スタッド・縦枠)より、245㎜の位置に墨を出してください。

③ ダンパーの取付けアタッチメントを両側とも約45°に開き、専用ビスで墨に合わせて1本打ち込んでください。

④ 本体を押え、ビスを取付けた逆側のアタッチメントを柱等に密着させてください。 (約45°にセットされます。)

⑤ 片側6本計12本のビスを打ち込んでください。
(○の刻印がある部分)

同様に、ダンパー配置計画図の位置に取付けてください。
※面材・外壁仕上げ等を先行すると、取付できない場合があります。

施工は1人工で半日程度

施工は1人工で2時間程度

施工は1人工で半日程度、慣れてくると2~3時間程度で終了します。
片筋交い場合は殆どのケースで併設可能ですが筋交い金物を内使いにして頂く必要がございます。
断熱材はグラスウール系であればそのまま敷き詰めて頂き、ボード系の場合は厚みによりカットして施工してください。
シャフトにカバーがついておりますので吹付断熱はそのまま吹き付けて頂いて構いません。

実際の設置例

実際の設置例1 実際の設置例2 実際の設置例3
実際の設置例4 実際の設置例5 実際の設置例6