非常食の調理方法について詳しく解説【知識も地震対策のひとつ】

地震などの大規模災害は、いつ発生するか分かりません。

そのため重要となるのは、日頃からの備えという部分になります。

いろいろな備蓄品を用意しても、どこに何がある、どのように使うなど、日頃からそのシチュエーションを体感しておくことが大切です。

せっかく準備していても、正しく、有効的に使えなければ、効果は半減します。

大災害が起こった時に、慌てないために。

今回は地震対策の中から、「非常食」にクローズアップしてみましょう。

実際の生活とは違い、勝手も異なります。

大規模災害が起きた時、どんな状況が想定されるのかから、地震対策を考えてみましょう。

いつ発生するか分からないからこそ、日頃の備えが必要となります。

これから家づくりを考えている人にはもちろん、家づくりをアドバイスする方であれば「お客様の目線に立ったアドバイス」をするために知っておきたい情報です。

地震に対する情報を知ることは、地震対策にもつながっているのです。

災害時、なくてはならないものは何?

地震対策,必要なもの

私たちの暮らしている日本という国は、地震だけではなく、台風、大雨など様々な災害が襲ってきます。

その中でも地震は一度発生することで、地震、津波、地域によっては火山の噴火など、連動して起こる被害も多いのが特徴です。

そのためひとつ大きな災害が起こることで、長期的な避難所生活やライフラインの停止などの影響を受けることも少なくないのが現状です。

災害時必要になってくるものは様々ありますが、真っ先に必要となるもの。

それは「水」と言われています。

生命維持の命綱「水」

私たちが日々生活していく中で必要とされている水は、1日3リットルです。

一度の災害で一般的な備蓄の目標は、約3日間とされています。

そのため1.5リットルのペットボトルでは、2本。

それが家族分必要となる訳です。

例えば4人家族であれば、2リットル×4人=8本が必要となります。

災害時の場合、必要なものをどのようにうまく活用するのかが、とても大切です。

水も1滴たりともムダにはできないのです。

無災害に学んでおきたい「ポリ袋調理」

水を無駄なく活用する有効的な方法として、「ポリ袋調理法」があります。

主にキャンプなどのアウトドア料理や時短料理などで注目されていましたが、災害時にも役だと方法と言われています。

備蓄食を調理するためには、食品を混ぜる、漬け込む、加熱するなど、様々な工程があります。

ポリ袋を活用することで、

  • 一緒に調理することができる。
  • 同時に調理することで、熱源などの資源も削減できる。
  • 洗い物を少なくする
  • 調理したものを、汚すことなく保存できる。

などいくつものメリットがあるのです。

ポリ袋を調理で活かすポイントは?

ポリ袋調理法で基本となるステップは、

  • 食器やキッチン用品を使わずに、ポリ袋で「揉んで混ぜる」などの工程を行う。
  • ポリ袋ごとお湯の中に入れ、「煮て作れる料理」をチョイスする。

このふたつです。

災害時には日常で使っているものは、使用できない可能性も高いため「いかに調理するのか」が大切です。

こういった便利な方法も、万が一の緊急時に行おうとしても、うまくいくはずはありません。

住宅に地震対策を施す、いざという時のため備蓄品を揃えるなど、事前に準備を行っています。

ぜひこういう技術を日常時に体験しておくことで、万が一にきっと役立つ場面も多くなります。

もうひとつ加えておきたいこの用品

ポリ袋も災害時に活躍する用品ですが、もうひとつ加えておきたいのが「食品用ラップフィルム」です。

いわゆる「サランラップ」や「クレラップ」などの製品です。

この製品をポリ袋と合わせることで、

  • 製品を巻いた上で食材を切ることで、まな板などの汚れを削減してくれる。
  • 容器にこの製品を巻き食事をすることで、食器などの洗い物を減らせる。

などの効果が期待できます。

料理だけではない「食品用ラップフィルム」のすごさ

無水調理に役立つ食品用ラップフィルムですが、活用方法はそれだけではありません。

地震などの災害時、避難時にケガをしてしまうなどの可能性は高くなります。

そして通常の時とは違い、すぐに適切な治療を受けることができない場合もあります。

食品用ラップフィルムの密着力などを活かし、裂傷の止血や破傷風菌などの感染を予防する応急処置としても活用することができます。

包帯や布だけではなくしっかり固定できない場合や、医療品不足で包帯などが足りない場合、代用品として活躍します。

あなたのお家の避難用品の中に、「ポリ袋」と「食品用ラップフィルム」をぜひ加えておきましょう。

ポリ袋レシピをご紹介

いざ自宅でポリ袋調理と言われても、何を作ったらいいのか分からない方も多いでしょう。

ここではポリ袋を活用して作れる簡単料理をご紹介します。

日本人なら欠かせない「ご飯」

地震対策.ポリ袋調理法

ご飯はお腹のたまりも良く、健康的な生活に欠かせない栄養がいっぱいつまっています。

基本となるレシピのひとつです。

材料(1人分)

  • 無洗米 100㏄
  • 水(ペットボトル) 120㏄
  • ポリ袋 3枚

作り方

  1. 三重にしたポリ袋の中に無洗米と水を加え、空気が入らないように口を結ぶ。その後30分以上浸す。
  2. お皿※ を底に沈めた鍋に皿とポリ袋が被る程度の水を入れ、お湯を沸かす。
  3. 鍋の水が沸騰したところへ、①を入れ沸騰したら15分煮る。
  4. 火を止め、蓋をして15分予熱で加熱する。
  5. 鍋からポリ袋を出して5分蒸らす。

※ ポリ袋が直接鍋に当たり、傷つかないようにするため。

非常時は鍋の水は捨てないで使い回すこともできます。

そのままでも、サンドウィッチにも使える「ゆで卵」

地震対策,ポリ袋レシピ

ご飯だけではやはり寂しいものです。

シンプルにそのまま食べても良し、サンドウィッチなどいろいろなお料理にも活用できる!ゆで卵の作り方です。

材料(1人分)

  • 卵 1個
  • ポリ袋 3枚

作り方

  1. ポリ袋を三重にし、卵を入れる。
  2. 鍋の水が沸騰したところへ、お皿を沈め、口を結んだ 1 を湯の中に入れ、15分煮る。
  3. 鍋から取り出し、ポリ袋の口を開けて取り出し冷ました後、殻をむく。

温かさを感じる食事になる「カレー」

地震対策,ポリ袋レシピ

災害時の温かい食べ物は、心も体も一瞬ホッとさせてくれます。

非常時でなくても大活躍する!カレーのレシピです。

材料(1人分)

  • じゃがいも 80g
  • たまねぎ 80g
  • にんじん 30g
  • カレールー 固形1個
  • 水 50cc
  • ポリ袋 3枚

作り方

  1. 材料を適当の大きさに、切りそろえる。
  2. 袋の中で固形カレールーを水でとかし、その中にその他の材料を全部入れ、袋の空気を抜く。
  3. 沸騰したお湯の中に袋ごと入れて30分煮る。

※ 野菜は小さく刻んだ方が熱の伝わりが良くなります。

キャンプ気分で地震体験をご自宅で、試してみませんか。

知識も住宅の備えも今のうちから

地震対策と一言で表しても、住宅全体を守る対策から、内部の危険を防止する対策、万が一に備える準備など、様々な方法があります。

簡単にできそうなものから、準備が整うまでに時間のかかるものもあります。

地震などの災害は、いつ起こってもおかしくないのが現状です。

最後「何が必要」で「何が不要なのか」を判断するのは、ご自身になります。

自分たちの命を守る、家族の財産を守るためには何が必要なのかという想像力を働かせ、日常的に必要なものを日頃から考えてみましょう。

地震対策に有効的!トキワシステムの制震ダンパー「αダンパーExⅡ」

制震ダンパー,αダンパーExⅡ,住宅地震対策

設置したお客様からも、「設置した後、大きな地震が発生しましたが、外壁の塗り壁にもヒビもなく、性能面でも信頼度が高まりました。」など「ダンパーを入れているから大丈夫」という安心感が心強いという感想をいただいております。

「αダンパーExⅡ」お施主様の声

「αダンパーExⅡ」工務店様の声

制震ダンパー「αダンパーExⅡ」は、新築住宅はもちろん、既存の住宅にも設置できる地震対策です。

これから家づくりを考えている方も、家づくりをアドバイスしている工務店の方も、ぜひ一度制震ダンパーを検討してみませんか。

大切なあなたの家族を守りたい ―KEEP YOUR SMILE―

地震大国と呼ばれる日本では、

繰り返される大規模地震や余震への対策が大きな課題とされています。

制震装置を導入することにより、建物の揺れをしっかり抑え、ダメージを減らし建物を守ります。

「αダンパーExⅡ」を導入した場合、最大55%の地震の揺れを吸収します。

繰り返しの地震にも強く、小さな揺れからもその効果を発揮することが特徴です。

13,000棟以上の供給実績、東海地区No.1の採用数で培った知識やノウハウが活きてくるのです。

家族の生命と財産を守る住宅を目指して!「αダンパーExⅡ」がしっかりとバックアップします。

耐震住宅に制震装置をプラスしてみませんか。

ご不明な点等ございましたら、お気軽にお問い合わせください。

著者情報

トキワシステム

トキワシステム代表「中本 智規」

制震ダンパー・地震対策の情報について発信しています。
トキワシステムが提供する制震ダンパー『αダンパーExⅡ』は、地震から建物を守り、住まいの安心と安全をご提供いたします。