TOP > 制震とは

制震とは

耐震 制震 免震のイメージ図
耐震とは

耐震とは主要な構造体そのものの強度を向上させることで破壊や損傷を防ぐ技術をさします。
木造住宅では使用する部材の強度や数量を増やし建物を固めることで耐震性を高めます。
建物を固めることで地震の力は建物に伝わりやすくなります。

制震とは

地震のエネルギーを制振(制震)機構により抑制する技術です。
建物の揺れを抑え、構造体の損傷が軽減されるため大規模な地震や繰り返しの地震にも有効です。

免震とは

地盤と土台との絶縁などにより、地震力を直接建物に伝わらないようにする技術です。
基礎と土台の間にアイソレータやダンパーを設置し地盤の揺れを建物に伝えないようにします。
大きな地震に対しとても有効です。

制震が選ばれる理由

耐震工法は住宅を建設をする際には必ず行わなければいけない工法です。大規模な地震が来た時に建物の全壊を防ぎ、居住者を圧死させないようにするいわば災害時に人の命を守ることを目的としています。繰り返し発生する地震に対する建物への損壊は考慮されておらず、建物へのダメージを大きく蓄積します。
それに対し免震工法は地震力自体を建物に伝えない構造の為大きな地震が来ても建物自体が大きな損害を受けないだけでなく、体感震度の軽減や家具の倒壊を防ぐことも可能です。

しかしながら建物形状によっては設置できない場合や土地の条件によっては地盤改良が必要になったり採用ができないことがありますし、多額の費用が掛かることなどで敷居が高いのが現状です。また台風など強風の影響で建物が動いたり移動するリスクを回避するため大きな地震でのみ作動をするような機構になっております。そのため細かい地震を逃がさない機構になっていないことも多く、繰り返しの地震に対する建物へのダメージの蓄積には有効に働かないケースも出てきます。

免震工法に対し制震工法はこちらに見られる動画のように地面から離れていないため体感の揺れは軽減しませんが建物の変形を大きく縮小させます。
免震工法にくらべ安価に設置ができ耐震工法では守れない繰り返しの地震による建物の損壊に有効に働くため耐震工法の一つ上の安心として多くの方に選ばれています。
(ミニチュア模型により分かりやすく表現しております)

損害額の試算
songaigaku
 ※建物の延床面積100㎡を基準に試算しております。
起震器による実棟シュミレーション

在来軸組工法震度7相当のシュミレーション結果
radとはradian(ラジアン)の略で層間変形角を意味する国際単位です。
柱の傾く大きさを表し、分母が大きいほど傾きが少ないことを示しています。
耐震工法にダンパー装着をした場合。柱の変位を約1/2低減しました。
起震実験の解析値から計算をした場合、震度7の地震に対して約1㎝前後に変位を抑えます。
※掲載の数値は1Fの柱(3m)の震度7のシミュレーション平均値です。
※解析結果は建物形状、プラン、地盤、工法により異なります。