NO.1の実力を誇る『オイルダンパー』

現在ある制震装置の種類は、オイル・ゴム・摩擦・バネ・テープなど多種多様です。しかし、日本の象徴的な建造物である『東京駅』・『東京スカイツリー』・『あべのハルカス』に採用されているのは『オイルダンパー』なのです。つまり、トキワシステムのαダンパーExⅡは、地震の多い日本で最も信頼性の高い高品質ダンパーなのです。

1.超精密計測装置メーカー開発の制震装置パイオニア

トキワシステムは、自動車トランスミッションの計測器の設計開発解析・測定に携わるパイオニア集団として、長い間、自動車業界に従事してきました。

国立大学からの要請で、世界初の木造住宅耐震性能試験装置の開発に携わり、1999年には、『安心して暮らせる住宅』をテーマに制震装置『αダンパーExⅡ』を開発し、現在の実績と信頼に至ります。

2.メンテナンスフリー性能

高品質だからこそ実現するメンテナンスフリー性能で、長い間みなさまの大切な建物を地震の揺れから守ります。

  • 制震装置「αダンパーExⅡ」は、壁内設置対応のためメンテナンス不要設計です。
  • 出荷時に15項目の厳しい性能検査100%実施し、全てのダンパーをシリアルナンバーにて管理しています。
  • 耐久性を有する合成オイルによって、-20℃~80℃の温度範囲での顕著な作動油性状の劣化は認められていません。
  • 特殊なシールパッキンによりオイル漏れを防ぎ、ゴールドメッキなどの特殊技術加工を施した120年以上の耐久性を誇ります。
  • 第三者性能試験場にて定期性能試験を行い、20年の製品保証を提供しています。

3.製品の仕様

■本体
 
冷間圧延鋼板(SPCC)
合成オイル
■シャフトカバーニトリルゴム
■本体メッキニッケル、銅、金メッキ
■シャフトメッキ硬質クロームメッキ
■専用ビスステンレス(SUS410)

引き抜きに強いビス

ダンパーが緊結している柱や梁などの構造体から離れないように、長さ90mmの専用ビスを使っています。高いねじ山と低いねじ山からなる二重のらせんネジで、先端は、木割れを防止するカット加工を施しています。

4.実験結果

岐阜県立森林文化アカデミー(建築学科・小原勝彦博士)にて『制振材料付き耐力壁試験』(動的加力試験)を行いました。

■ 実験内容

  1.  フレーム+合板(P1-F)・フレーム +合板(P2-F)
  2.  フレーム+合板+ダンパー2本(PD-2-F)
  3.  フレーム+合板+ダンパー4本(PD-4-F)

構造用面材真壁仕様の在来工法軸組試験体に『αダンパーExⅡ』を設置した場合と設置しない場合とで、動的加力時の効果を比較。

■ 実験結果
構造用合板のみより、ダンパー設置がある方が、エネルギー吸収量が2本設置で約30%、4本設置で約60%向上しました。この結果は、小さな揺れ始めからの効果発揮が認められました。