制震ダンパーとは?その種類や特徴について解説

制震ダンパーとは?地震に正しく備えるために

この記事では、ご家庭の地震対策のための「制震ダンパー」についてご紹介していきます。

  • 制震ダンパーという単語を初めて聞いた方
  • マイホームに取り入れるか迷っているお施主様
  • 他社との差別化を図りたい施工会社様

以上のような方は、ぜひこの記事をご一読頂き、制震装置を取り入れるかの参考にしてみてください。

最近だと耐震に合わせて、制震を取り入れる施工会社様も増えてきました。

免震工事に比べてコストパフォーマンスが良い事、間取りにほぼ制限がなく、導入しやすいのが要因となっています。

制震ダンパーとは何をしてくれるためのもの?

制震ダンパーとは、建物の地震の被害を抑えるために、壁や柱などの接合部に設置する装置です。

制震装置(漢字が違いますが、制振ダンパー・制振装置とも言います。)とも呼ばれることが多いです。

制震ダンパーを取り付ける大きな目的は、「地震による揺れを吸収」し、「地震の力を他の力に変える」ことです。

何度も繰り返される地震の揺れを抑え、建物の構造体(基礎部分)の損傷をできる限り弱める働きをします。

地震で最も恐ろしいことの1つが、建物の倒壊です。

命を脅かすだけでなく、建物の再建費用や生活費など、被害額は膨大なものとなってしまいます。

制震ダンパーは主に3種類

制震ダンパーにも種類があり、使用している素材によって違いがあります。

種類は多種多様ですが、ゴムダンパー、鋼材(こうざい)ダンパー、オイルダンパーが主な種類となっています。

それぞれの特徴、メリット、デメリットをご紹介いたします。

ゴムダンパーとは

特殊な粘弾性のゴムを制震ダンパーに入れて、地震の揺れに対して伸び縮みさせることで、地震の力を熱の力に変えてダンパーに吸収する仕組みです。

ゴムダンパーのメリット

  • 繰り返される地震に有効

ゴムの性質上、伸び縮みするとゆっくりともとに戻る性質のため、何度も繰り返し起きる地震に効果を発揮します。

ゴムダンパーのデメリット

  • 間取りに制限がある

ゴムダンパーは基本大型のため、施工できる場所に制限があります。

  • 人手が必要

その分施工するのにも2~3人の人手が必要になります。

鋼材ダンパーとは

金や銅など、金属を用いて作成したダンパーのことを、総じて鋼材ダンパーと言います。

金属が曲がる時の力を熱エネルギーに変えることで、地震の揺れを軽減する仕組みとなっています。

鋼材ダンパーのメリット

  • 安値で導入可

他ダンパーと違い、金属を合わせただけのシンプルな構造のため、比較的安値で取り入れられます。

  • メンテナンス不要

同じ理由で、メンテナンスも不要なため、気軽に取り入れやすいといえるでしょう。

鋼材ダンパーのデメリット

  • 小さな揺れには効果がない

熱エネルギーに変える強さの揺れが来るまでは、制震ダンパーとして効果を発揮しません。

そのため大地震に備えて施工するタイプです。

  • 耐久性が低い

金属で製作しただけのシンプルな構造のため、何度も繰り返し変形させられてしまうと限界が来てしまい、壊れてしまいます。

オイルダンパーとは

車の振動(ショック)を吸収し、乗り心地に影響するショックアブソーバーの技術を応用し、内部に補てんしているオイルの抵抗により揺れを吸収する仕組みです。

基本的にゴムダンパー、鋼材ダンパーと比べると小型なのが特徴です。

株式会社トキワシステムの制震ダンパー「αダンパーExⅡ」は、このオイルダンパーになります。

オイルダンパーのメリット

  • 小さな揺れから大きな揺れまであらゆる揺れに効果を発揮

オイルダンパーは前述の車の振動を吸収するのと同じ技術のため、小さな揺れから大きな揺れまで対応しています。

また、地震だけでなく、近年増加している台風などの強風に対しても効果を発揮します。

  • 間取りに制限なし

最も揺れやすい建物の外周りに分散して設置するため、大型のダンパーと違い基本的に間取りに制約はありません。

オイルダンパーのデメリット

  • 本数が必要

他ダンパーに比べると小型のため、十分な効果を発揮するために、ある程度の本数が必要になります。

その分高値となってしまうこともあります。

制震ダンパー導入のご検討を

制震ダンパー

制震ダンパーの基本的な種類や性能について解説しましたが、いかがだったでしょうか。

制震ダンパーは、建物の倒壊から身を守ってくれる、とても頼もしい存在です。

それぞれにメリット、デメリットがありますので、ご自宅の状況、求めるものに合わせてよく検討するとよいでしょう。

制震ダンパーなら「αダンパーExⅡ」

制震ダンパー

株式会社トキワシステムの制震ダンパー「αダンパーExⅡ」は、壁の中へ設置すること、特殊なシールパッキングによるオイル漏れを防止し、ゴールドメッキ等の特殊加工技術により80年以上の耐久性となっております。

そのため、メンテナンスも不要となっています。

施工する本数は、各ご自宅の広さ、間取りに合わせ、適切な本数を算出するため、費用も必要最低限に抑えられます。

また、ゴムダンパーと同じように、繰り返される地震にも大きく効果を発揮します。

少しでも気になった方、ぜひお気軽にお問い合わせください!!

問い合わせフォームはこちらから