緊急地震速報が鳴ったらどうするべきか?意外と知らない仕組みも解説

緊急地震速報とは

地まず、緊急地震速報とはどんなものなのでしょうか。

地震の初期微動(P波)と主要動(S波)の伝達速度の差を利用し、震源近くの地震計でP波を受信すると、震源の位置、地震の規模、想定される揺れの強さを自動計算し、地震のS波が到達する数秒から数十秒前にテレビ等を通じて、強い揺れの地域をお知らせするものです。

引用:気象庁

緊急地震速報

速報が鳴ってから実際に揺れが来るまで猶予は僅か数秒~数十秒。

あのけたたましい音はなるべくなら聞きたくはないですが、心の準備をする猶予を貰ったと考えられますね。

せっかくできたこの時間、びっくりして何も出来なかったということがないよう、有効に使いましょう。

緊急地震速報を受信するには

  • テレビ、ラジオ

テレビでは、最大震度が5弱以上と推定した場合にチャイム音と共に、地震が起きた場所と震度4以上が予測される地域を伝えます。

ラジオでは通常番組を中断し、チャイム音に続いて内容を音声で速報します。

携帯電話やスマートフォンで「緊急地震速報」を受信するには、使用している端末によって受信設定が必要な場合があります。

万一に備え、ご契約の携帯電話会社のホームページで設定方法を確認し、緊急地震速報を受信できるようにしておきましょう(お使いの機種によっては、緊急地震速報を受信できない場合があります)。

  • 防災行政無線

市区町村の防災行政無線から報知音とともに伝えられます。

緊急地震速報が鳴ったら真っ先に取るべき行動は?

室内(自宅)にいる場合

  1. まずは頭を保護し、机の下等に隠れる
  2. 出来るならば火を消す(無理はしない!)
  3. 窓ガラス、家電製品など危険なものからできるだけ離れる
  4. 慌てて外に飛び出さない
  5. ドアを開け逃げ道を確保する(トイレ、お風呂にいる場合)

室内(商業施設等大勢が集まる施設)にいる場合

  1. 慌てず、係員の指示に従う
  2. 係員が近くにいない、指示がないときはその場にしゃがみ、頭をカバン等で守る
  3. 走りださない

エレベーターの中にいる場合

  1.  近くの階に停止させすぐに降りる

屋外にいる場合

  1. ブロック塀の倒壊や自販機の転倒に注意し、そばにいれば離れる
  2. 窓ガラスなどの落下に注意し、建物から離れる

自動車運転中の場合

  1. 慌てて急ブレーキをかけたりせず、緩やかに速度を落とす
  2. ハザードランプを点灯して道路の左側に停止する

電車、バスに乗っている場合

  1. しっかりと手すり、つり革に捕まる

地震に備えて制震装置「αダンパーExⅡ」

αダンパーExⅡ

緊急地震速報が鳴ってから揺れが来るまでは数秒。

その僅かな時間をどう使うかが大切です。

普段から、家屋の耐震化や家具の固定など、地震に備えましょう。

制震装置「αダンパーExⅡ」は大地震や繰り返される余震が発生した時も揺れを吸収し、建物の変位量を最大55%以上軽減することができます。

※繰り返しの地震に関する詳細記事はこちら

αダンパーExⅡ

株式会社トキワシステムの制震装置「αダンパーExⅡ」は、地震から皆様の大切な住まい、御家族の命をお守り致します。

まずはお気軽にお問い合わせください。

お問い合わせページはこちら。