万が一に役立てる地震対策 非常食の管理どうしていますか?

地震を含めいろいろな自然災害は、いつ起こるか分かりません。

そのため日頃から万が一に備え、準備をしておきたいものです。

地震対策のひとつとして今回は、「万が一の非常食」にクローズアップしてみましょう。

2011年の東日本大震災や2016年の熊本地震をはじめとした大規模災害を教訓に、ご家庭や企業でも防災対策として有効的な災害備蓄品。

避難に必要な備えも、地震から家を守る備えも、1日ではできないものです。

いろいろな検討をし、続けていくことが重要なのです。

これから家づくりを考えている人にはもちろん、家づくりをアドバイスする方であれば「お客様の目線に立ったアドバイス」をするために知っておきたい情報です。

地震に対する情報を知ることは、地震対策にもつながっているのです。

無駄を出さない「ローリングストック」とは何?

出典:消費者庁

非常時の対策は必要と思っていても、なかなか行動につながらないということもあります。

特に地震などの災害時の対策は、日常的に起こることではないので、後回しになりがちな傾向があります。

ここでは万が一に備え、身近にできる地震対策と必要な知識をご紹介していきましょう。

備蓄はいったい何日分必要なのか?

万が一地震などの自然災害に見舞われた時、一般的に最低3日分の備蓄が必要となります。

この3日分という時間には、人命救助のリミットは72時間(3日)と言われている部分と、二次災害から身の安全を図るためにも、安全な場所であれば、最長3日間はそこに留まっていてほしいという趣旨があると言われています。

参照:東京都帰宅困難者対策 ハンドブック|東京都

3日分というと、全部で9食分×人数という数が必要となります。

4人家族で言えば、36食分。

企業など従業員が多い場面では、かなりの量となります。

地震などの自然災害に備え準備することで、負担が増えては長くその状況を維持していくことは難しくなります。

無駄を出さず、管理がしやすい方法として使われているのが「ローリングストック法」です。

ローリングストック法とは?

出典:食品ロスにしない備蓄のすすめ(ふだん使いでカンタン備蓄)| 消費者庁

「ローリングストック法」は消費者庁でも推薦している、非常食を管理する方法です。

“購入→備蓄→消費”のサイクルで生活する、循環備蓄のことです。

以前は「非常食専用として準備する」という考え方が一般的でした。

その考え方を変化させ、災害のためだけにではなく日持ちする食材を日頃から備蓄しておき、定期的に消費しながら新しい食材を買い足していく食料備蓄法です。

災害の有無に関係なく、日常から消費を取り入れることで、非常食の賞味期限切れを予防することが可能です。

食品ロスも減らすことができる試みとして有効とも言え、ご家庭だけでなく企業でも行うことのできる方法です。

上手に消費するアイデア

備蓄食を無駄にしないためには、上手に消費していくことが大切です。

そのためには備蓄食の違いを知ることが必要です。

その違いとは、「賞味期限」と「消費期限」の保存ができる期間の違いです。

「賞味期限」と「消費期限」の違い

  • 賞味期限

賞味=食べ物をほめながら味わうこと。おいしさを味わうこと。のできる期間を表しています。

いわゆるこの期間内であれば、おいしく食べられますという意味合いです。

そのため期限が過ぎても、すぐに食べられなくなる訳ではありません。

スナック菓子、カップ麺、缶詰など、比較的腐りにくい商品が多いのが特徴です。

  • 消費期限

消費期間の限界を表し、すなわち消費期間の最終日時を意味しています。

そのため期間を過ぎたものは、食べずに処分しましょう。

生鮮食品、お弁当、サンドウィッチ、生麺、ケーキなど、腐りやすい商品が多いのが特徴です。

この違いから非常食として扱われやすい商品には、「賞味期限」が表示してあります。

無駄をなくすために、おすすめ方法

防災のための備蓄食というと、「乾パン」や「アルファ米(アルファ化米)」など、長期保存可能な食品が想像されます。

しかし価格面での負担も大きかったり、日頃味わう味とは違うためなじめないなどの不安要素も大きくなります。

災害時の対策として大切なことは、無理をしないことです。

ローリングストック法をうまく活用することにより、日常的に消費する食べ慣れた食品を備蓄することができるのです。

食べ慣れた味であれば、日常とはかけ離れた被災化でも安心して食べられ、心身共に負担のかかる災害時には大きなメリットとなります。

避難する時間が長くなればなるほど、バランスも重要となります。

日常備蓄についてより詳しく理解したい人向けに作成されたパンフレットもあります。

万が一に備え、一度確認しておきましょう。

便利アプリを使って有効的に

備蓄食を保存する上で一番難しいのが、期限を正しく管理していくことです。

  • 商品名・賞味期限を書き、分かりやすい場所に貼っておくなどの「リスト方式」
  • 直接・ラベル・マスキングテープなどを貼り、期限が分かるような工夫する「見る方式」

など、様々な方法があります。

今の時代だからこそうまく活用できる「便利アプリ」でも、有効的に管理することができます。

写真つき分かりやすい管理を「防災ログ」

出典:防災ログ|App Store

こちらのアプリ「防災ログ」は、食品を撮影して賞味期限やアイテム名を入力するだけで、一目で簡単に非常食の管理ができます。

画像で商品が確認できる部分も、把握しやすい機能のひとつです。

期限が1ヶ月を切ったアイテム数はバッジ表示されるのでひと目で分かるなど、お助け機能も助かります。

災害時に役立つ知識も学べるなど、万が一に備えた対策も期待できます。

※ iPhoneのみ対応(Androidは利用できません。)

消費期限が一目でわかる「いつでも非常食」

出典:いつでも非常食|Google Play

こちらのアプリ「いつでも非常食」は、非常食のアイテム名や賞味期限を入力して管理できるシンプルタイプです。

非常食を消費した時は、アイテム情報を削除しながら管理することができます。

画像での管理はできませんが、消費期限のない食品や、電池のような食品以外で使用期限がある備品も把握できるのは助かる機能です。

※ Androidのみ対応(iPhoneは利用できません。)

今回ご紹介したアプリはほんの一例に過ぎません。あなたに合った管理方法を探してみてください。

非常食も地震対策のひとつです

いつもの食品を備える→普段の食事で消費する→不足分を買い足すなどのサイクルで、食品ロスと非常食の無駄をなくすこともできます。

地震などの災害対策を維持していくためには、自分たちに負担のない方法を選択することが重要です。

今回は非常食から見た地震対策でしたが、住宅の地震対策も同じです。

日常の生活に負担が大きい場合、それを維持していくことは難しくなります。

油圧制震装置『αダンパーExⅡ』は、耐久性試験などによって実証された120年以上の耐久性でメンテナンスフリーを実現など、施行した後の負担が少ないこともメリットです。

地震対策は決してひとつではありません。

これから家づくりを考えている方も、家づくりをアドバイスしている工務店の方も、ぜひ一度制震ダンパーを検討してみませんか。

大切なあなたの家族を守りたい ―KEEP YOUR SMILE―

地震大国と呼ばれる日本では、

繰り返される大規模地震や余震への対策が大きな課題とされています。

制震装置を導入することにより、建物の揺れをしっかり抑え、ダメージを減らし建物を守ります。

「αダンパーExⅡ」を導入した場合、最大55%の地震の揺れを吸収します。

繰り返しの地震にも強く、小さな揺れからもその効果を発揮することが特徴です。

13,000棟以上の供給実績、東海地区No.1の採用数で培った知識やノウハウが活きてくるのです。

家族の生命と財産を守る住宅を目指して!「αダンパーExⅡ」がしっかりとバックアップします。

耐震住宅に制震装置をプラスしてみませんか。

ご不明な点等ございましたら、お気軽にお問い合わせください。

著者情報

トキワシステム

トキワシステム代表「中本 智規」

制震ダンパー・地震対策の情報について発信しています。
トキワシステムが提供する制震ダンパー『αダンパーExⅡ』は、地震から建物を守り、住まいの安心と安全をご提供いたします。